【速報】バーテンダー世界大会「WORLD CLASS」でホテルニューオータニの吉田宏樹氏が部門優勝。総合でもTOP 8入賞

 バーテンダー・コンペティション「WORLD CLASS」の2019年世界大会がスコットランド・グラスゴーで行なわれ、日本から出場したホテルニューオータニ東京の吉田宏樹氏が「ジョニーウォーカー Striding can challenge」で部門優勝を獲得。総合でもベスト8に入賞する健闘を見せた。

 英国ディアジオ社が主催し、日本大会はキリン・ディアジオ㈱が運営するこの大会は全世界でおよそ1万人が参加し、各国・地域予選を勝ち抜いた55人だけが世界大会に出場。9月27日未明(日本時間)に上位8人が発表された。

HBAチャンピオンの実力を世界でも発揮

 今大会は「ケテル ワン Better drinking challenge」「タリスカー Into the wild spirit challenge」「シングルトン State of mind challenge」「タンカレー ナンバーテン Heart of ten challenge」「ジョニーウォーカー Striding can challenge」の5部門で競われた後、総合順位の上位8人がランダムに6種類のカクテルを出題され、その調製とカクテルのクオリティーを競う「スピード&テイストチャレンジ」が行なわれた。

トップ8人にアジア勢が5人。女性バーテンダーが活躍

 (一社)日本ホテルバーメンズ協会(HBA)の歴代チャンピオンの一人でもある吉田氏が、世界でもその実力を存分に発揮した。部門優勝した「ジョニーウォーカー チャレンジ」はデザイン性や味わい、飲用シーンなど商品全体のコンセプトを反映させたオリジナルの缶入りハイボールを開発し、また祝い事などで楽しまれる“セレブレーション・フィズ”を作成し、プレゼンテーションするもの。吉田氏はジョニーウォーカーから感じられるリンゴの風味を反映させ、またジョニーウォーカーであることを認識できるデザインの缶ハイボールを作成。パイ生地で作った菓子とともに楽しむことを審査員に勧めた。
 フィズはジョニーウォーカーブラックをベースに自家製の桜コーディアルやシソのビターズなどを用いた和テイストのカクテルを提供。日本の花見シーンでの飲用をイメージさせるように、会場にござと座布団を敷き、花を飾るなど実際の場面を想起できるような演出も評価された。

 8人のグランドファイナリストによる「スピード&テイストチャレンジ」では、バーテンダーが2人ずつ登壇。2分の準備時間の後に、無作為に出題される6種のカクテルを作成した。吉田氏には、「Russian spring punch」「Gimlet」「Julep」「Bobby burns」Planter’s punch」が出題され、バーテンダーが任意で作成する「Bartender’s choice」にはギムレットを選んだ。

 世界チャンピオンにはシンガポールから出場したベニー・キン氏が選ばれた。キン氏は、「タリスカー チャレンジ」でも優勝し、スピード&テイストチャレンジではカクテル6種を5分10秒で仕上げるなどのパフォーマンスを見せた。
 今年はキン氏とホンコン&マカオ代表のシェリー・タイ氏の2人の女性バーテンダーがベスト8に入り、また韓国、台湾を含む5人をアジア勢が占めた。 

WORLD CLASS 世界大会結果

WORLD CHAMPION
    Bannie King, Singapore
ケテルワン better drinking challenge
    Andrei Lung, Romania
タリスカー into the wild spirit challenge
    Bannie King, Singapore
シングルトン state of mind challenge
    Jeff Savage, Canada
タンカレー ナンバーテン heart of ten challenge
    Won Woo Choi, South Korea
ジョニーウォーカー striding can challenge
    Hiroki Yoshida, Japan


TOP 8
シェリー・タイ(Shelley Tai, Hong Kong & Macau)
吉田宏樹(Hiroki Yoshida, Japan)
アレクサンダー・レーモンド(Alexander Remoundos, Denmark)
ベニー・キン(Bannie King, Singapore)
トニー・リン(Tony Lin, Taiwan)
キャメロン・アットフィールド(Cameron Attfield, Great Britain)
 ジェフ・サベージ(Jeff Savage, Canada)
ウォン・ウー・チョイ(Won Woo Choi, South Korea)

全出場者
    Alex Boon, Australia
    Alexander Remoundos, Denmark
    Anastasia Gota, Ukraine
    Andrei Lung, Romania
    Angel Rivera, Kenya
    Bannie King, Singapore
    Borja Goikoetxea, Spain
    Cameron Attfield, Great Britain
    Carla Constanza, Chile
    Cesar Cedeño, Panama
    Chaytan Baez Esteves, Dominican Republic
    Claudiu Mnerau, UAE
    Cory Scruggs, Cayman Islands
    Damien Duval, Indian Ocean
    David Abalayan, Philippines
    David Saremba, Austria
    David Stenshin, Russia
    Devi Singh, India
    Dirk Hany, Switzerland
    Gabriel Santana, Brazil
    Gurami Sapiashvili, Israel
    Hiroki Yoshida, Japan
    Jacob Oetama Manurung, Indonesia
    James Chaib, The Netherlands
    Jeff Savage, Canada
    Jonmundur þorsteinsson, Iceland
    Jorge Luis Medina Piña, Costa Rica
    José “Vini” Hernandez, Puerto Rico
    Jose Mendes, Portugal
    Josmar Figuerasi, Paraguay
    Jospehine Sonlo, Sweden
    Katie Renshaw, USA
    Kitibordee Chortubtim, Thailand
    Kristian Esquit, Guatamala
    Liisa Lindroos, Finland
    Linda O’Flynn, Ireland
    Maciej Mazur, Poland
    Malin Stavøien, Norway
    Manol Lazarov, Bulgaria
    Maximiliano Salomon, Argentina
    Miroslav Telehanic, Slovakia
    Nick Sourmpatis, Greece
    Osman Baycan, Turkey
    Owen O’Reilly, South Africa
    Risto Sainas, Baltics Republics
    Rodrigo Vidales, Mexico
    Salvatore Scamardella, Italy
    Shelley Tai, Hong Kong & Macau
    Sembo Amirpour, Germany
    Thep Dinh, Vietnam
    Thomas Timmermans, Belgium
    Tomas Nyari, Czech Republic
    Tony Lin, Taiwan
    Won Woo Choi, South Korea
    Yeferson Avila, Colombia